FC2ブログ

書かないブログ

更新はまれ、な予定です。

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画  

レ・ミゼラブル

12月21日公開にもかかわらず、なかなかスケジュールを合わせられなくて、ようやく最近観ることができた。
手帳を見直すと、何箇所も「レ・ミゼラブルを見に行く」と書き込んであり、それがことごとく二重線で消されている。
映画のヒットとロングランに感謝である。

劇場に行くと、平日のレイトショーにもかかわらずお客さんが多く、ほんとうにヒットしてるんだな~と実感。


本物のミュージカルはおろか、ミュージカル映画すらまともに観たことがなかった私であるが、映像のクオリティの高さと俳優の歌唱力に引き込まれ、物語がテンポよく展開されていく。
懸念された、ミュージカル的違和感もまったく感じず、むしろ歌のない部分では「早く歌ってくれ~」と思ったり。


基本的にはヒュー・ジャックマン演じるジャン・バルジャンの目線で話が進んでいくのであるが、それぞれのキャストのソロパートや掛け合いがあり、気合の入った歌唱を観ることができる。

なかでも、エポニーヌを演じている女優さんがすさまじかった。
ネタバレになるのでかなりかいつまんで説明すると、エポニーヌがかなわぬ恋に自ら身を引き、その想いを切々と歌い上げるのであるが、その歌唱がすごすぎて、完全にコゼット役のアマンダ・サイフリッドを食ってしまっているのである。そればかりか、あんなに体を張ったアン・ハサウェイ(ダジャレではない!)さえも食ってしまっているように思える。

演じているのはサマンサ・バークスという女優さんで、舞台「レ・ミゼラブル」でエポニーヌ役に抜擢された方らしい。
アマンダ・サイフリッドも「マンマ・ミーア!」に出演し歌唱力には定評があると思うだが、エポニーヌのソロパート以降まったく存在感が感じられなくなってしまい、正直その後コゼットがどうなったかなどどうでもよくなってしまった。私の中で映画のバランスが完全におかしくなってしまうくらい衝撃的だった。
サマンサ・バークス、今後の活躍が楽しみである。
一方で、アマンダ・サイフリッド目当てで観にいったフシもあるので、残念な気持ちもありなかなか複雑な心境になってしまった。


個人的には話の結末になんとも言えない煮え切らなさを感じて劇場を後にした。
そのため、あの長い原作を読んで結末を確かめようかと思っている。
我が家にあるのは、リーアム・ニーソンがジャン・バルジャンを演じた1998年公開の映画の写真が表紙の文庫本である。
読もう、読もう、と思い、何年経っているのやら…。




マリウスっていうと、もはやSexy Zoneしか出てこなくないですか?

Newer Entryホームページ開設

Older Entry最初の人間

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。